イベントの概要 出展者のご案内 レクチャーのご案内 ワークショップ 会場アクセス お問い合わせ instagram twitter facebook
概要

新・東京スピニングパーティー2019

会場: すみだ産業会館9階・ROOM1+2

<参加自由(※入場料必要)・事前予約不要・各回先着110名>
※部屋と整理券配布方法が変更になりました。
※整理券配布➡当日AM10:00より9階レクチャー受付にて、入場料お支払い確認後、当日開催分のレクチャーの整理券を配布いたします。お一人様、レクチャー2講座まで各1枚ずつ。定員に余裕がある場合はレクチャー開始時間まで随時受付します。満席に達した場合は、参加いただけないこともございますので予めご了承ください。

9月21日(土)11:00~12:00

「岩手の手織りホームスパン・マフラーと服地」
植田 紀子 (うえた のりこ) <植田紀子織物工房>

内容:
岩手に息づくホームスパン。ホームスパンを工芸品としての価値を高めた及川全三の足跡をたどり、今に繋がるホームスパンの服地の魅力や多綜絖、多色使いのマフラーの魅力や可能性について。
★大変貴重な及川全三の作品展示有

プロフィール:
岩手県盛岡市生まれ。
1975年岩手大学卒業後、1年間教職に身を置くも、縁あってホームスパンに出会い、故・蟻川紘直氏の元で修行を始める。5年間工房に身を置き、その後、デンマーク王立スカルス工芸学校に留学、北欧の織りを学ぶ。帰国後に工房を設立。現在は、岩手リハビリテーション学院の織物講師を務めるほか、県内外での個展や織物教室を開催し、次世代へと伝統を受け継ぐことにも積極的に取り組んでいる。
20年前に手がけ始めた及川全三のホームスパンの柄の再現に成功し、今もなお作品を発表し続けている。
植田紀子織物工房WEB
September 21st (Sat) 11:00-12:00
[Handwoven home-spun scarves and cloth in Iwate]
Noriko Ueta (Noriko Ueta Weaving Studio)

Contents
Homespun in Iwate. Following in footsteps of Zenzo Oikawa who raised the value of Homespun as work of art, she will talk about charm and possibility of Homespun cloth, multi-colored woven scarves using numbers of heddles.
Profile

Born in Morioka City, Iwate. Graduated from Iwate University in 1975. She found by chance Homespun after a year of teaching, started studying Homespun under late Hironao Arikawa. After 5years of studying in his studio she studied Nordic textiles at Royal Polytechnic School for Crafts in Denmark. She is a textile instructor at Iwate Rehabilitation College. She has textile classes to pass on tradition to the next generation and also textile exhibitions of her works with reproduction of original patterns of Zenzo Oikawa.

レクチャー一覧に戻る ▷