イベントの概要 出展者のご案内 レクチャーのご案内 ワークショップ 会場アクセス お問い合わせ instagram twitter facebook
概要

新・東京スピニングパーティー2018

会場: すみだ産業会館9階・ROOM4

<参加自由(※入場料必要)・事前予約不要・各回先着80名>
※9階エレベーター前の受付にて、各レクチャー開始30分前より整理券を配布致します。
満席に達した場合は、参加いただけないこともございますので予めご了承ください。

9月16日(日)13:30-14:30

「手仕事には未来がある」 岩立 広子 
<岩立フォークテキスタイルミュージアム館長、染織工芸研究、収集家>

内容:インドが独立の時、貧困から立ち上がる勇気を民衆に示したのは、自分の手で糸を紡ぎ、一枚の布を織ることから出発しようと自ら牢獄の中で糸を紡いだ。
長いインドの旅から体験したことをお話します。

プロフィール:
1955年:女子美術大学工芸科卒業。柳悦考・柚木沙弥郎に師事する。
     卒業後は染織家としてスタートし、個展を多数回開く。
1965年:単身で、ニューヨーク、ペルー、メキシコ、グァテマラを訪ねる。
1970年:インド探訪。これ以降40年以上に渡り、通算80回を超える訪印足を記録。
1981年:日本民藝館にて「アフガニスタンの工芸」展を開催。
1984年:日本民藝館にて「インドの民芸」展を開催。
1985年:ギャラリーを併設したインドの手仕事を扱う店「カディ岩立」を設立。
1992年:日本民藝館にて「アフガニスタンの織物」展を開催。
1996年:日本民藝館にて「インドの文化」展を開催。
2007年:日本民藝館にて「インド大地の布」展を開催。
2009年: カディ岩立を閉店し、岩立フォークテキスタイルミュージアムを開館。
2014年: 日本民藝館にて「カンタと刺子」展を開催。

広大で多彩な文化を持つインドへ足繁く通い、風土に触れ、人々を接して収集した、インドの名もなき民が生み出す美しい大地の布は約4000点に及ぶ。インド以外にも、世界中を探訪し収集した染織品は約4000点、合計約8,000 点を所蔵する。 岩立フォーク テキスタイル ミュージアムではインドを軸に、さまざまな企画展を催し、世界中の染織品を展示している。 著書に『インド沙漠の民と美』(用美社)、『インド 大地の布』(求龍堂)。

■岩立フォークテキスタイルミュージアム
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-25-13 岩立ビル3F 
TEL:03-3718-2461
開館時間:展示期間中 木・金・土曜日 10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料:500円
HP:http://iwatate-hiroko.com/index.html

Handcraft has a future Hiroko Iwatate
Director of Iwatate Folk Textile Museum, a collector and a researcher of Dyeing Arts and Crafts

Contents:
When India became independent, They started spinning a yarn and weave cloths in a jail to encourage the people to stand up from poverty. I will talk about my experiences from a long journey in India.

Profile:
1955 - Graduated from Joshibi University of Art and Design majored in Arts and Crafts. Studied under Yoshitaka Yanagi and Samiro Yunoki. Started her carrier as a dye artist and held many exhibitions:
1965 - Visited New York, Peru, Mexico and Guatemala:
1970 – Visited India. She has visited India more than 80 times over the past 40 years:
1981 – Held an exhibition [Afghan Arts and Crafts] at Japan Folk Crafts Museum:
1984 – Held an exhibition [Indian Arts and Crafts] at Japan Folk Crafts Museum:
1985 – Opened an Indian handcrafts shop with gallery Khadi Iwatate:
1992 – Held an exhibition [Afghan Fabric] at Japan Folk Crafts Museum:
1996 – Held an exhibition [Indian Culture] at Japan Folk Crafts Museum:
2007 – Held an exhibition [Textiles: The Soul of India] at Japan Folk Crafts Museum:
2009 – Closed Khadi Iwatate and opened Iwatate Folk Textile Museum:
2014 – Held an exhibition [Kantha and Sashiko] at Japan Folk Crafts Museum:

Hiroko has visited India that offers wide and various culture and collected more than 4000 pieces of cloths through local people. She also has a collection of 4000 pieces of handicrafts from all over the world, total of 8000 items. There are variety of exhibitions of worldwide arts and crafts at Iwatate Folk Textile Museum. Her books: [Desert Village, Life&Crafts](Youbisya) [Textiles: The Soul of India](Kyuryudo)

Iwatate Folk Textile Museum Iwatate building 3rd floor, 1-25-13 Jiyugaoka Meguro Tokyo #152-0035 TEL: 03-3718-2461 Open on Thursdays, Fridays and Saturdays 10:00-17:00 Entrance fee: 500yen HP:http://iwatate-hiroko.com/index.html

レクチャー一覧に戻る ▷