イベントの概要 出展者のご案内 レクチャーのご案内 ワークショップ 会場アクセス お問い合わせ instagram twitter facebook
概要

新・東京スピニングパーティー2018

会場: すみだ産業会館9階・ROOM4

<参加自由(※入場料必要)・事前予約不要・各回先着80名>
※9階エレベーター前の受付にて、各レクチャー開始30分前より整理券を配布致します。
満席に達した場合は、参加いただけないこともございますので予めご了承ください。

9月16日(日)11:00-12:00

「衣服でアートを紡ぐ」 眞田 岳彦 <衣服 造形家、SANADA Studio代表>

紡ぐことで生まれる風合いは、繊維を素材とするデザインとアートにおいて大きな効果をもたらします。天然繊維を紡ぎ、衣服の制作と地域プロジェクト活動を映像・画像、作品の実物を用いてご紹介します。

プロフィール:
眞田岳彦 衣服 造形家、SANADA Studio代表
1962年東京都生まれ。イッセイミヤケでデザインを学び92年に渡英。造形を学び彫刻家リチャードディーコンの助手を務める。93年北極圏グリーンランド滞在。95年帰国SANADA studio設立。これまでにロンドンクラフトミュージアム、在日カナダ大使館高円宮記念ギャラリー、メゾンエルメス、森美術館等で作品展示。せたがや文化財団生活工房、越後妻有大地の芸術祭、震災後の心を包む支援、他、衣服繊維プロジェクト企画・ディレション多数。次世代教育組織「眞田塾」、衣服造形「七月七日会」主宰。著作「IFUKU衣服」(六耀舎)、「考える衣服」、「ひらく衣服」(スタイルノート)他。現在 女子美術大学特任教授。東北芸術工科大学客員教授。武蔵野美術大学、愛知県立芸術大学、桑沢デザイン研究所等の非常勤講師。http://sanada-studio.info/

レクチャー一覧に戻る ▷